スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチッとよろしくお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

教えてショコラ様 と アナナス・ノワール

2Lペットボトルで根域制限栽培中のショコラとアナナス・ノワールです。

全体の図↓
P1130396.jpg

ショコラの1番果が肥大しないと一週間前に記事にしましたが・・・

手ごわい(-_-;)
P1130394.jpg
頑固者め~ぃ!

duckbill師匠に「濃度を上げて様子見。」とご教授いただいて22日からはEC2.6をずーっと与えていますが
肥大する気配なし・・・(^_^;) 液肥切れもさせてません。

「ショコラ様・・・まだお気に召しませんか?(TДT*) 液肥の濃度よりも根域制限をお止めになさいますか?」

「もう上にお花が咲きましたが・・・・いかがなさいましょう?」



アナナス・ノワールはやっぱり来たね(-_-;)
P1130395.jpg
尻腐れ~~~orz

なんだかこのまま治まりそうな気もするので、もうちょっと様子見してみます。
広がるようであれば、摘果。ちなみに果実は500円硬貨よりちょい大き目です。
すがる思いでカルシウム剤散布したので、濡れています(笑) 手遅れっぽいけどね(^^;)



週一回散布のようなので、3週ぐらい散布してみようかな。
尻腐れ治まるとイイナ~(-.-)







関連記事
スポンサーサイト

ポチッとよろしくお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

コメント

切り戻す!?

なかなか実が付きませんね~
思い切って、切り戻してみますか?

ポチ、っと!

No title

液肥の濃度では刺激にならないようですね。ECは戻すべきでしょう。
肥大スイッチが入らないのは、果実を完熟まで育てきる状況に無いと判断しているからであって、液肥の濃度アップが刺激にならないとすれば、液肥の濃度アップがそのまま養分供給アップにつながらない原因があるのでしょう。
根の状態が良くないか、又はやっぱり根域制限が原因・・・かな
このまま普通に育てて、上に咲いた花が着果肥大するならほっといても良いかも。
気がむけば数ヶ月後でも肥大開始します。

kasugai90さんへ♪

> なかなか実が付きませんね~
> 思い切って、切り戻してみますか?

うっっっ・・・(・・;)
切り戻しですか。。。
今のところ花が落ちているワケではないので、その勇気が・・・(笑)
肥大しても全部尻腐れで上に伸びるだけならチョッキンですけどww

> ポチ、っと!
いつもありがとうございます<(_ _)>

duckbillさんへ♪

> 液肥の濃度では刺激にならないようですね。ECは戻すべきでしょう。
> 肥大スイッチが入らないのは、果実を完熟まで育てきる状況に無いと判断しているからであって、液肥の濃度アップが刺激にならないとすれば、液肥の濃度アップがそのまま養分供給アップにつながらない原因があるのでしょう。
> 根の状態が良くないか、又はやっぱり根域制限が原因・・・かな
> このまま普通に育てて、上に咲いた花が着果肥大するならほっといても良いかも。
> 気がむけば数ヶ月後でも肥大開始します。

ありがとうございます<(_ _)> ECは戻す・・・っと。
根っこ・・・もしかしたら詰まってます(-_-;)
株元から液肥を与えた時に初めはスーッと浸み込んでいくのですが、
培地(バーミキュライト)が吸水容量を超えると?、液肥が下へ流れ落ちるのに時間がかかります(^_^;)
透水遮根シートのせいかもしれませんが、遮根シートを取っ払って根を解放してあげようと思います。

そうだ!液肥濃度ですが・・・。
2.6へ上げる前は尻腐れにビビりながら(笑)、1.3を与えていましたが、
まだ30度を超える日が続いています。ECは1.3より低い方がいいのでしょうか?

No title

沖縄の環境は私の所とは全く違うので、そちらでどれくらいのEC値が良いかは、なかなか判らないのです。(^^;ゞ
もうちょっと暑いときでも確かEC1.3を与えていたように記憶しているのですが、正直のところ「濃いかなぁっ」て印象ではありました。
ちなみに私は酷暑期はEC0.6ときどき真水追加です(笑)。
勿論酷暑期でEC1.3を与えようものなら尻腐れまくりだったに違いありません(笑)。
でもsemireyさんのトマトの枝葉を見る限りは暴れてもいないし、そうしてみるとEC1.3で特段濃すぎるてっことはないのでしょう。
尻腐れに関しても、EC値だけで決まるのではなく、アンモニア態窒素濃度が関係します。
私の所(大塚ハウス使用)と違って、semireyさんのところではハイポニカではなかったでしょうか?
確かハイポニカにはアンモニア態窒素が配合されていなかったように記憶していますので、EC1.3でも尻腐れし難い筈です。
これから気温は下がる方向(ですよね?)だろうし、実も着いてより養分が必要なのですから現状はEC1.3でいいように思えます。

duckbillさんへ♪

> 沖縄の環境は私の所とは全く違うので、そちらでどれくらいのEC値が良いかは、なかなか判らないのです。(^^;ゞ
> もうちょっと暑いときでも確かEC1.3を与えていたように記憶しているのですが、正直のところ「濃いかなぁっ」て印象ではありました。
> ちなみに私は酷暑期はEC0.6ときどき真水追加です(笑)。
> 勿論酷暑期でEC1.3を与えようものなら尻腐れまくりだったに違いありません(笑)。
> でもsemireyさんのトマトの枝葉を見る限りは暴れてもいないし、そうしてみるとEC1.3で特段濃すぎるてっことはないのでしょう。


ありがとうございます<(_ _)>
そうですね。環境が違いすぎますね(^^;)
その辺は自分で調整しなきゃいけないですよね。すみません<(_ _)>

思い返してみれば・・・確か・・・定植頃の1.3を与える前は1.0ぐらいで枝葉が上向き、細く弱々しく感じました。
それで1.3に濃くしたような・・・f(^^;)
そしたら少しクルッと葉は巻きましたが、グルングルンじゃないから大丈夫かなって・・。



> 尻腐れに関しても、EC値だけで決まるのではなく、アンモニア態窒素濃度が関係します。
> 私の所(大塚ハウス使用)と違って、semireyさんのところではハイポニカではなかったでしょうか?
> 確かハイポニカにはアンモニア態窒素が配合されていなかったように記憶していますので、EC1.3でも尻腐れし難い筈です。
> これから気温は下がる方向(ですよね?)だろうし、実も着いてより養分が必要なのですから現状はEC1.3でいいように思えます。


お師匠様・・・私、大塚ハウスです。ハイポニカは使ったことがなくて・・・。
今回初めて協和ハイポニカ様よりサンプルで頂きました。それがお初なのです。
ハイポニカの成分を見ましたが窒素でも硝酸性窒素の記載はあってもアンモニア性窒素は記載がありませんでした。
尻腐れにアンモニア態窒素が関係してるのなら、次回から大玉はハイポニカでやろうかな(笑)

ありがとうございました<(_ _*)>

Secret

プロフィール

semirey

Author:semirey
水耕栽培デビューは2012年2月の初心者です♪
水耕栽培記録を残すため、2012年3月24日からブログ始めました(^^)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
Sodatte,
菜園ライフ応援サイト、Sodatte。
検索フォーム
お気に入りブログ
おすすめ
土を使わないはじめての野菜づくり

土を使わないはじめての野菜づくり
著者:中島水美
価格:1,365円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。